読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北国暮らし、イナカモノ主婦のひとりごと☆

北海道に住む田舎主婦が、日常について書いています。

5,6歳児向けの迷路のドリルを、一日で終わらせてしまった

下の子の時間つぶし用に、迷路ドリルを購入 

今週、学校の参観日があったんだけど、幼稚園のお迎え時間が中途半端になることもあって、一緒に連れて行った。

 

幼稚園児にとっては、中学年・高学年の授業参観は難しく、「おとなしく見てなさい」と言うのは酷というもの。

なので、事前に何かを用意して持って行こうと思っていた。家にあるものだと、すぐに飽きちゃうかもしれないので、目新しいものをね。

 

そこで、本屋さんに行って選んだのがこれ↓

めいろ―幼児の脳の発育を促進させるカリキュラム (七田式・知力ドリル5・6さい)

めいろ―幼児の脳の発育を促進させるカリキュラム (七田式・知力ドリル5・6さい)

 
 迷路ドリル、持って行って良かったけど・・・

思った通り、授業参観の内容には興味を示さなかった下の子。すぐに持って行った本や迷路のドリルを取り出したよ。

 

 5,6歳向けの迷路なので、少し凝った造りになってる。

本屋さんで見た中で、ちょうどいい大きさだったのと、やさし過ぎない(すぐ終わっちゃうから)のを選んだら、これになったんだ。

 

授業は45分間。

本を読んだり迷路をしたりしていたら、退屈する時間はなかったみたい。良かった(^^)

 

家に帰ってから見てみたら、5,6ページ終わらせていた。まだ2,3日くらいは、この迷路で楽しめるかな?と思ったんだけど。。

 

何か静かだな~と思ったら、家でも迷路の本を開いて、黙々とやっていた。

で、どのくらいの時間たったかな?「全部できた~!」と持ってきたよ。

あらら。あっという間だったね。

 

小さい頃から、迷路が好きだった下の子

このシリーズの迷路↓がうちに5,6冊あって、よく一緒にやっていた。

昆虫の迷路

昆虫の迷路

 

 迷路に夢中になることはわかっていたのに、書き込みタイプの迷路は1回だけしか使えないから、もったいなかったかな~(^^;)

(ま、鉛筆で書いているから、消しゴムで消せばまた使えるんだけどね。)

 

何回も楽しめることを考えたら、迷路シリーズ(まだ持っていないの)を買っても良かったかも。値段は約2倍になるけど。