読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北国暮らし、イナカモノ主婦のひとりごと☆

北海道に住む田舎主婦が、日常について書いています。

塾の春期講習に、楽しそうに通ってる上の子^^

春期講習に通っている、新小6の上の子。

一人でバスに乗るのも、塾に通うのも初めてなので、どんな反応するのかな~と思っていたけれど、何だか楽しそうに通っていてホッとしてるよ(^^) 

coralmoon.hatenablog.com

 

今日は算数の日だったのだけど、帰ってくるなり「楽しかった~♪」と。

何が楽しかった?バス?授業?

・・・ 

 

なんと!「予習で解けなかった問題がわかるようになった」のが楽しかったのだそう。

それはそれは。講習に通った甲斐があるというものだよ(^^)

 

難しそうに見える問題でも解くにはコツがあって、それを知ったら「なんだ~」と思うようなことだけど、知らないと難しい。

・・・ということを実感したらしい。

 

一応、上の子は基本問題は理解しているし、応用問題もまずまず理解している。残念ながら、時々計算ミスがあったりするのだけどね。

 

だけど受験用の発展問題となると、「これどうなってんの~っ!」と言いながら取り組み、結局解けないのがあるままで授業を受けていた。(予習で解けなくてもOKな塾なので、大丈夫なのだけど。)

そんな受験用の問題も、解くコツってあるんだよね。

 

北海道でも地方レベルだし、多分、講習で使っている受験用問題は、そんなすごく難しいものではないと思う。

“受験問題の基本”の問題とかなんじゃないかな?

 

でも、わからなかったものがわかるようになる喜びって、すごく重要だよね。

その達成感を味わったら、更にまた次の達成感を味わいたくなって挑戦していく。

そんな流れで勉強できたら身に付くよね。きっと^^

 

この春の講習でそんなことが味わえたのは、意義のあることだったなあと思ったよ☆