読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北国暮らし、イナカモノ主婦のひとりごと☆

北海道に住む田舎主婦が、日常について書いています。

映画『君の名は。』で笑った、田舎あるある

田舎

自分が田舎者だなと感じる話を、先日記事にしたけれど、

coralmoon.hatenablog.com

 

 そういえば、映画『君の名は。』を見に行った時に、「田舎ってそうだよねー。あるある。』と、笑っちゃった場面があった。

 

東京の大都会の描写と、ど田舎の描写、どちらもよく表現されていてすごいなあ~と思った。・・・といっても、田舎の方はものすごくよくわかるけど、都会については想像しかできない私なんだけどね。

 

田舎あるある

私が住んだ中で、1番の田舎だった町には、コンビニもスナックもなかったけれど、2番目に田舎だったところには、以下が映画とよく似てる。

 

1)コンビニが早くに閉店してしまう

  個人商店のコンビニは、夜8時閉店だった。セイコーマートは0時までやっていたけれどね。

 

2)電車は2時間に1本

  電車は走っていないけど、バスが2,3時間に1本くらいだった。

 

3)カフェはないのにスナックはある

  もちろんカフェなんておしゃれなお店はなく、こぢんまりしたスナックとか居酒屋さんはあった。個人食堂はあって、食後のコーヒーはセルフでおかわり自由だったな。

 

4)雇用がない

  小学校就学前に通える場所として、幼稚園はなくて保育園のみ。保育園は基本的に両親が働いていることが条件だけれど、雇用がない。でも、片親が勤めていなくても入園できたんだけどね。求職中の届け出をすれば。常に定員割れ状態だったし。 

 

あと、すごく田舎でなくてもあるかもしれないけど、防災無線の音声の響き方がリアルで笑った。

 

今思い出すのはそんなのころかな(^^)